ブログ一覧 ブログ記事詳細

ブログ

2021年07月21日

朝起きたら、電車に乗っているはずの時間!そこからの大逆転!!!

参加者の声CTNブログ岸英光自分自身の生き方、変化、成長日常生活での気づき、趣味仕事、ビジネス、経営、組織づくり未分類

こんにちは。
千葉県在住の中村一紀です。

みなさんは大事な予定があるのに家を出遅れてしまい、焦ったことはありませんか。
実は先日、飛行機で出かける予定があったのですが、
「やばいっ、飛行機の時間に間に合わない!」と、ものすごく焦った体験がありました。

その日は朝の便を予約していて、前日夜に空港までの電車時間を調べると6時前の電車に乗れば十分間に合うということがわかりました。
「ふむふむ、5時には起きて家を5時半すぎに出る感じだな」
と、まずは出発時間の確認。
そして、朝バタバタせずに出られるように準備して、出かけるまでにやっておきたい提出課題が終わったのは、深夜3時。。。
「起きるまで2時間か、、、寝ないほうがいいかな、いや少しでも寝ておこう。」

zzz…

朝目が覚め、時計を見ると6時10分!「え、えーーっ!?」
さらに携帯を見ると、一緒に出かける方から『無事に電車に乗りました』というメッセージがっ!!
「やばいっ!!」一気にアタマ真っ白に。

「間に合うかどうかわからないけど、とにかく急がないと!」
起きてから家を出るまでにかかった時間は15分!
とにかく急いで駅に向かうと、駅までもう少しのところで電車が近づく音が聞こえさらに猛ダッシュ!!
なんとかその電車には乗り込んだけど、間に合うのか。。。

まずは一緒に行く方に状況を連絡し、電車の到着時間を再確認。
「うーーん。やばい。。間に合わないかも。。。」
そこから、いいルートがないか探しまくると、
「あ、このルート行けるかも。」
直感で電車を乗り換え。

乗っていた電車を降りてしまったあとに、
「あれ?もしかして乗り換えは失敗か??」
ますます焦ってきた。「うわーーー。」

さらに、
・ふとんで寝なきゃよかった。
・というか、そもそも寝ないで起きていればよかった。
・出かける服着て寝ればよかった。
・電車の前のほうに乗ったら少しでも早くつくかな。
・もう途中の駅には停まらず直行便にしてくれないかな。
・みんなが電車降りたら、軽くなって早く着くんじゃないか。

・・・なんて、わけわからないことが思い浮かんでくる(^^;

しばらくこんな後悔やら反省やらでアタマの中がぐるぐるしてると、
「あ、なんかいつもと違うおかしな自分がいるな」と気づきました。

そんな状態から降りられるコミュニケーションのセンスを、パラダイムシフトコミュニケーション®の講座で学んでいました。
「そうだ、こんな時にこそ」と思って、
このセンスを知っている仲間に、いまの私にある気持ちや感覚をただ聴いてもらいました。
 ※この時に使ったコミュニケーションセンスについて、詳しくは講座で扱います。

聴いてもらった後には、
「ふぅ~」と身体の力が抜け、周りも見えてきました。

一緒に行く方からは、
『出発20分前までに保安検査場を通れば大丈夫』とか、
『場合によっては次の便で、現地で落ち合いましょう』など、
情報や次の手の連絡をしてくれました。

こういったやり取りをしながらも、謝ってばかりでいたら、
一緒に行く方から、「ぎゃははは」というスタンプが送られてきたのです。
「は?なに?」と思っていると、
さらに、
「気にしなくて大丈夫です」「自分もたまにやらかすんで」「トラブルも楽しんじゃいましょう」と。

このメッセージを受け取ってから、なんだか余裕も出てきて楽しくなってきました。
でもこれ、数分前の『自分が自分でなく、アタマぐちゃぐちゃで焦ってる』時に言われたら、怒ってたかも(笑)

電車を乗り換えた私は、
羽田空港まで直行の電車に乗っていたのですが、あらためて電車の到着時間を調べていると、
「ん?このまま直行で羽田空港まで行けるけど、途中で乗り換えたほうがいいんじゃないか?」
と、早く到着しそうなルートを発見。
「変なの?でも少しでも早く着くなら乗り換えよう!」と、すかさず選択。

またまた乗り換えではダッシュ。
初めての場所で間違えずに乗り換えできるかな、と心配はありつつも、案内表示がちゃんとあって迷うことなく乗り換えができ、駅の優しさにも感謝。

そこから空港に到着するまでの間にも、実は1つ前の駅で降りてしまったりしたのですが、
「あれ?おかしい」と気づき、すぐにそのまま電車に戻ることができました。
間違えつつも冷静な対応。

そして、空港の駅についてからも、やはりダッシュ!!
なんとか、空港の各チェックポイントを5分前に通過!!
待ち時間はほとんどなく、とういうか飛行機に乗るまでほぼダッシュ続き。

そんなこんなで、なんとか飛行機に乗ることができました!
そして、飛行機が飛び立つと、雲の上から富士山がくっきり見えてパワーチャージもできちゃいました。

スタートでこれだけのことがあったので、これ以上に焦ることはない、という感じがあり、
その後はどんなことが起きても気持ちの面でも余裕でいられたし、
さらに、数々の場面で!最高のタイミングで!いろいろなことが起きました!!

もし以前の私だったら、朝の時点でそのままあきらめていたかもしれないし、
途中もイライラしっぱなしで、最悪の1日になっていたかもしれません。

そんな私が、最悪なスタートから最高な1日に大逆転させることができたのは、
空港で「ぎゃははは」と待っていてくれた方の存在とともに、
焦って自分でいられない時の対応をパラダイムシフトコミュニケーション®の場で学んでいたこと、そしてそれを日常に使ってみたおかげだと思っています!