ブログ一覧 ブログ記事詳細

ブログ

2020年05月06日

愛車、どう選ぶ?

参加者の声CTNブログ講座・イベント情報、報告、講座に参加して

皆さん、こんにちは。

北海道在住の中添です。

 

コミュニケーションネットワーク®の連続講座で学ぶセンスの一つに「意図」があります。

※「意図」は、パラダイムエッセンスコースで学ぶセンスです。

 

今回、この「意図」から選択することで、

その選択に自分自身の躊躇や迷いが少なく、何より大きな収穫は

車を買おう!と決め、車選びから購入までの時間がとても短期間で

意図に叶う欲しい結果が手に入った、というお話しです。

 

わたしは現在、実家で両親と暮らしています。

一昨年、父の癌が発覚し、20年以上続けていた独り暮らしに終止符を打ち、

実家に戻りました。

小さい頃からずっと独りで自分の好きなようにしてきたわたしでしたが、

これまで自由にさせてくれた両親がいたんだなぁ、

という感謝を今更ながら感じていました。

これからのわたしは、悔いが残らないよう両親との時間、思い出を沢山創ろうと思い、

実家に戻りました。

そして同時に、わたしの車の買い替えのタイミングが重なりました。

 

この買い替えのタイミングの時期は会社の決算やそのほかの仕事が重なる時期で、

とても車を悠長に選んでいる時間がなく、延ばし、延ばし過ごしていました。

いままでも車を何度か乗り換えておりますが、

車の購入は安いものじゃないし、

車は自分の空間で自分の部屋のようになるし、通勤に毎日車を利用するので、

好みの車じゃないとなぁ、という強いこだわりもありました。

そんなとき、

「こんな時こそセンスの使いどころでしょ」、

「センスを活かし意図から選択してみよう!」と、

自分の意図を探ることから始めました。

思い立ってからは本当に早かったです。

 

 

 

意図を探ってみると、

「両親との楽しい思い出を沢山創る」が湧いてきました。

今後、両親との時間を穏やかにのんびりと過ごすことで

小さな幸せがちょこちょこと沢山ある未来を創りたい。

そこで、

1、両親が乗り降りしやすいように車高が低い車

2、スライド式のドアの車

3、長距離が楽な車

この3点が車を選ぶ条件となりました。

 

 

そして、この意図から選択をすることで悩むことがほとんどありませんでした。

購入費用について、当初の予算から大幅に上回ることがあったり、

自分の嗜好が優先し、悩むこともありましたがやはりそこは意図から選択でした。

さらに自分自らの選択をすることで自分の軸、、、木の幹、

みたいなものが創られるそんな感じもありました。

 

 

一方、この「意図」というセンスは

わたしにとり、実はとても苦手な存在です。

生まれてこのかた、意図という概念、

考えかたはわたしの中に微塵たりともありませんでした。

「好きだから行く」とか、

「好きだから食べる」とか、

「嫌だから関わらない」とか。

そのとき、そのときの自分の感情や思考、

その場その場合の状況に応じて生きてきたわたしです。

意図といわれても「?」です。

 

ですが、この意図が非常に重要なことでした。

講座が進み、自身を観察し、コーチを受け、体験を重ねていくなかで、

自分の軸、のようなものを発見したり、

自分の在り方が、普段の行動に自然に結びついているような、

そんなことがあることも知りました。

あれほど、苦手と感じていた意図。

いまとなっては、こんなにも心強い存在になること思ってもみませんでした。

意図は自分を引っ張ってくれる、意図は道しるべのようなもの、

そして意図からの選択をすることでどんどん欲しい結果が早く手に入れることができるかもしれない。

そんな体験をもっと多くの皆さんにしていただけたら嬉しいわたしです。

何より、今回、意図から選択することで

ほんっとに「もう決めたの⁈」って言われるくらい早かったんです。

 

 

 

意図から選択した愛車は、これから両親の介護もお付き合いしていただけるよう

メンテナンスしながら大事に乗り、この愛車でみんなでまたどこへ出かけようと

計画を立てるのにワクワクです^^

皆さんも是非ご自身の意図、探ってみませんか。

 

 

中添典子