こんにちは。横山泰治です。

若者のサポートや、観光を通した地域活性化のNPO運営をしながら、
研修講師・ファシリテーター・グラフィックコミュニケーター
として活動しています。

コミュニケーショントレーニングネットワーク®では、
「機能するコミュニケーションを日本の文化にする」を意図して
講師として活動しています。

また、一昨年からは、SDGs(持続可能な開発目標)の
普及と推進にも関わっています。

コミュニケーショントレーニングネットワーク®の扱う
パラダイムシフトコミュニケーション®は、
私達の意識や行動の背景にあるパラダイム(価値観の枠組み)を
シフトさせるコミュニケーションなので、
これまで自分の枠を越える結果が出ることが特徴です。

私も、このセンスに触れ、そんな体験をし、
思いもよらない人生を送っている一人です(^O^)
(詳しくはコミュニケーショントレーニングネットワーク®のブログ
自分の軸に立つと?」をお読みいただければ幸いです。)

今回は、私が関わっているSDGsの取り組みの中での、
私自身の体験と結果をお伝えします。

皆さん、「SDGs」という言葉を聞いたことがありますか?

この2年ほどで日本でも知られることになった言葉ですが、
SDGs(エスディージーズ)は国連加盟193か国が全会一致で採択した
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

このままでは持続不可能になる世界を、持続可能にする意図で、
2016年~2030年の15年間の行動計画が定められています。

詳しくはここでは触れませんが、
2017年1月のダボス会議(世界経済フォーラム)では、
「12兆ドルの経済価値と、最大3億8000万人の雇用が
創出される可能性がある。」とコメントされ、
2017年11月には日本の経団連が7年ぶりに、
SDGs達成を前面に企業行動憲章を改定、
日本政府も内閣総理大臣を本部長とする「続可能な開発目標(SDGs)推進本部」
を設置し4500億円の支援を表明するなど、
これからの世界に大きく影響を及ぼすものです。

2013年にコミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座に参加し、
パラダイムシフトコミュニケーション®のセンスに触れた私は、
その後、6年間のうちに、その活動の範囲と影響が大きく変わってきました。

この一年での自分の中でシフトした感覚は「自分を止めない」こと。
「自分を解放する」といってもいいかもしれません。

例えば、「世界に貢献したい自分」がいるのに、
これまでは、「経験がないから・・・」「自信がないから・・・」
「他人からどう言われるかが気になるから・・・」
ということを理由に、その自分を止めていました。

そこに気づいた私は、そういう理由で自分を止めることをやめてみました。
その結果・・・。

2018年5月にSDGs普及と推進を意図した「2030SDGsカードゲーム」の
公認ファシリテーターの資格を取得。

6月からは地元から始め全国で、毎月「SDGs市民講座」を実施。

10月には日本のSDGs推進のネットワークに参加。

11月から2019年4月まではG20と並行して開催される国際会議
「C20 (Civil=市民20)」に運営メンバーとして参加。

3月には日本政府の「地方創生」に貢献する、
「SDGs de 地方創生カードゲーム」公認ファシリテーターも取得。

2019年4月には40か国から839人の参加があった「C20サミット」本番で、
3日間にわたり、英語でのグラフィックレコーディング
(会議の内容を視覚化して伝えること)を担当し、
議長からも国内外の参加者からも称賛を頂くことになりました。

この「自分を止めない」感覚は、
自分自身の能力を次々と解放する機会にもなりました。

この1年の間に、コミュニケーショントレーニングネットワーク®の
体験講座で私自身が講師を務めることになり、
さらに地元(地域)では、講師仲間とともに4回の連続講座を行い、
さらに、企業や自治体からのコミュニケーションの研修依頼も数多く獲得し、
どれも好評で継続が決定。

高校留学レベルだった英語も、国際会議の内容がキャッチできるようになり、
グラフィックレコーディングの技術もメキメキと上達していきました。

パラダイムシフトコミュニケーション®のセンスと、
そのセンスを活かした英語力、そして、解放された自分の能力が、
今回C20サミットでの結果につながっていると感じます。

これからは、ニューヨークでの2019年9月のSDGsサミット、
2020年のサウジアラビアでのC20サミット参加に参加予定で、
さらにSDGsの普及と推進を加速させていくつもりです。

センスに触れた後のNPOの活動は6年間のうちに
「地元」→「東京」→「東日本」→「日本全国」→「世界」→「地球」
へ広がっていき、さらに広がることに甲斐を感じる毎日。
今では「地元」は「日本全国」だと感じています(#^^#)

さらには、こういった活動を通して、自分自身の器が広がっている感覚があり、
SDGsのこと以外にも、他の仕事のことや、地域のことや、家族のことまで、
全てが自分の器の中に入り、
何をやっていても「甲斐」と「愛」を感じる生き方になりました。

これからも、パラダイムシフトコミュニケーション®のセンスを活かし、
「自分を止めない」そして、「自分を解放する」自分で、
様々な活動にチャレンジしていきたいと思います。

SDGsは世界のパラダイムシフトにつながり、
現在は機能していないパラダイムから、
未来につながる「新しいパラダイム」を生み出すきっかけだと考えています。

これからの持続可能な世界で、
だれもが環境や過去にとらわれない「自分次第」で
仕事や居場所を自分で決められる「自由自在」に
意図から行動する「自己表現」で生きることを意図して行動し続けます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニケーショントレーニングネットワーク®
http://www.communication.ne.jp

  • 全国の講座開催地

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 北海道
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 盛岡
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 仙台
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 東京
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 大阪
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 中四国
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 九州
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 沖縄

  • CTNの講座案内、詳しくは  こちら

日経ビジネス『課長塾』各地で開催中!! 詳しくは こちら

Copyright ⓒ2013-2019 communication training network All right reserved

※無断での転載を禁じます。