CTNブログを御覧の皆様、
新年あけましておめでとうございます。

いつも愛に満ち、優しく深くそして強いパートナーシップを
心からありがとうございます。
CTN統括責任者の岸 英光です。

 

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

そして、なによりも台風、地震、水害等で
未だに気の休まらない日々を送っていらっしゃる被災者の方々に、
心からお見舞いを申し上げます。
一日も早く心から安らげる日常が取り戻せるよう
心から意図しています。

さて年末年始は、国内外の目まぐるしい情勢の変化に
鬼のようにバタバタしまくっていて、
早々に年賀状も大掃除も新年に繰り越して
いまだに対応に追われている状態です。

大掃除はなんとか
年度内の完了を意図しています(^^;)

「毎年言うことなのですが、「こんな一年になるなんて」
という年末をまたまた迎えることになりました。」と言うことを
昨年末言っていたので、結局は思った通りの一年になったと
言うべきなのかもしれません。

今年はどうやら「場」がキーワードです。

私たちが愛する人や世界、また私たちを愛してくれる人や世界が
本当に命を使う甲斐がある場を創作し、起こし続けることです。

実際に、日本では東京オリンピック・パラリンピックという場があり、
大阪万国博覧会の動きも本格化し始め、
内閣も国会も正念場で、
イギリスのEU離脱でいよいよヨーロッパは新しい場となり、
朝鮮半島も東南アジアにも新しい力学に基づく場が生まれつつあり、
米中関係は新しいステージとなり、
ロシアの動きも活発化し、
中東のきな臭さい場にも目が離せず、
アメリカも大統領選次第ではこれまでと全く違う様相の場が
現れる可能性があります。

場は、一時的に全く違う様相に変化し移りゆくように見えながら、
本来移るべき先を示唆するかのように何度もその本質を垣間見せ、
それらを飲み込みながらカオスな状態に向かい、
カオスが極まると同時にブレークスルーポイントに達して、
全く予想だにできなかった新しい秩序の場が生まれる。

これらを加速させブレークスルーするためには、
場をあるべき意図で充満させることが必要です。

ここ数年、ますます実感が深まったことのひとつに、
人が意図的に何かを言葉する度に、
そこに新しい道と共に大きな未来が創作され、
実際に動き出すのだと言うことです。

その動きを邪魔しなければ起きるべきことが起きるべく起きる。
ただ、残念ながら往々にして我々は
その動きを邪魔する選択と行動をしてしまいます。

その選択を誤らないためには、
しっかりと世界に対して直感と直観に耳を傾け、
場を信頼することが欠かせません。

私自身が、ぞろ目55歳を迎えた一昨年、
扱うべき中心にある「愛」というテーマが
確かに次の次元に向かいました。

昨年新しい元号「令和」となり、新しい時代となり、
しかも今年は子年ですから、さらに素早く、でも細やかに
一切取りこぼすことなくしっかりと拾いながら駆け抜けて、
年末もまた「こんな一年になるなんて」と言う様にします。

CTNからどんどんと新しい場が起き、
世界に更に大きな違いを創り出す、そんな2020年にしていきます。

是非とも御一緒しましょう。

 

いつも一緒にいて、しっかりと受け取ってくださって、
心からパートナーシップをありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

岸 英光

 

***************************************

*コミュニケーショントレーニングネットワーク®
http://www.communication.ne.jp

*全国の講座開催地
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 北海道
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 盛岡
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 仙台
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 東京
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 大阪
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 中四国
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 九州
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 沖縄

*CTNの講座案内、詳しくはこちら
http://communication.ne.jp/wp/course/

*日経ビジネス『課長塾』各地で開催中!!

https://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/

Copyright ⓒ2013-2019 communication training network All right reserved
※無断での転載を禁じます。