ブログ一覧 ブログ記事詳細

ブログ

2020年12月30日

「食事を変えてもいいかも!?」

参加者の声CTNブログ家族、親子、子ども・親との関係など日常生活での気づき、趣味

神奈川県在住の水島です。

 

先日、妻の両親と食事について話した時の出来事です。

妻の両親はお肉・揚げ物が大好きです。

 

今までは実家に遊びに行くと、いつも肉料理や揚げ物を用意してくれていました。 

 

ところが、昨年二度義父が体調を崩すことがありました。食事や栄養について勉強している僕としては、義父に体調を崩さず過ごしてほしいと思い、これまでに何回か食事の見直しをこと細かく提案していました。
ですが、妻の両親は頑固!!
「うーーん」という返事だけで結局食事が変わらない
(>_<)

 


そこには、「お肉を食べないと元気が出ない!」というパラダイム※があったのです。

そのため、コレステロール値が高いのにも関わらず、

ほとんど毎日肉料理、もしくは揚げ物を食べていたのです。

 

 

 私のほうも「絶対変えて欲しい!」「間違った食事だから直さないと!!」と力が入っていました。

 

 

パラダイムシフトコミュニケーション®の講座に参加して、選択するのは両親なのでこちらからは強要せずに任せる。

食生活を変えてもいい、変えなくてもいい。

そして健康に過ごしてほしいという想いが明確になりました。

 

 

すると全く力が入らずに

今日の天気の話をするように、何気なく

「具体的に食事がこんな風に体に影響しているかも」

「食事を変化させたらこんな風に体調が変わるかも」
ということを伝えることができました。

 

 


すると
義父は
「そうか。そんなこと医者も教えてくれなかった!」
義母は
「変える前にまずどんな食生活か記録してみてもいいかも」

「お肉の食べる量を減らしてもいいかも」
「揚げ物の頻度を減らしてもいいかも」
と、自分達で食事の見直し案を検討し始めたのです。

 

 

 

いつの間にか「お肉を食べないと元気が出ない!」というパラダイムが影響しない会話が始まっていました。

 

  

その後、1か月ぶりに妻が連絡してみると
もうすでに食事を変えていて
「体重が1㎏減少して体調も良い感じ(^^)
ということを教えてくれました。
さらには
「次に会う時にはさらに2㎏くらい痩せてもっと元気かも~」
とのこと。

 

こちらからは食事を見直したら、という提案だけで、自分たちで具体的な方法を編み出して実行していました。

 


頑固だから無理!と思ったことが、力もいれず、無理強いすることなく、軽やかに変化した出来事でした。

 

 

 

※パラダイム:価値観の枠組み。詳しくはコミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座で扱います。