ブログ一覧 ブログ記事詳細

ブログ

2020年12月09日

いつもくよくよ後悔ばかり 〜妄想癖な私からのシフト〜

参加者の声メルマガCTNブログ講座・イベント情報、報告、講座に参加して自分自身の生き方、変化、成長日常生活での気づき、趣味未分類

みなさん、こんにちは。
パラダイムシフトコミュニケーション®︎トレーナーの牧百合子です。

普段は、講師・コーチとしての仕事の他に、
ハンドメイドで小物を作って販売したり、
色んなイベントを企画運営したり、
地域のサークルを主宰したりと、
日々いろいろなことに取り組み、
楽しみながら活動しています。

以前の私は、
いつも自分の言動を振り返っては、
自分でダメ出しをして、

言わなきゃよかった〜、
私はどうしてこうなんだ〜
あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜〜〜
と、くよくよ考えて後悔ばかりしていました。

 

子どもの同級生ママとランチを食べた帰り道。

美味しいランチを食べて、
みんなで楽しくおしゃべりをして
「楽しかった〜」と余韻を楽しみながら帰りたいのに、
その頃の私は、いつも一人反省会をしながらくよくよ帰ります。

「あの時あんなこと言っちゃった。」
「言わなきゃよかった・・・最低」
「ちょっと調子にのったかな・・・。」
「周りに変な風に伝わったらどうしよう。」
「あれはどういう意味だろう?」
「もしかして、私のことだったのかな。」
「あの人に私嫌われてる?」
「もしかして悪口言われていたりして。」

など、妄想はどんどん広がって、またくよくよ。

こんなにくよくよ考えるくらいなら、次はもう行かないでおこう!
と毎回思うのに、断れずに行っては、またくよくよ。

夫と喧嘩をしたときも、
「最近頻繁にメールしているけど、もしかして浮気?」
「職場の人と浮気してたらどうしよう。」
「離婚になっても、私、社会復帰できないだろうな。不安」

子どもを叱ったときも、
「ちょっと言い過ぎたかも。」
「これでよかったのかな。」

自分の言動を振り返ってはくよくよ考えて、
妄想して、感情に振り回されて・・・。
そんな自分が大嫌いでした。

ところが、パラダイムシフトコミュニケーション®の連続講座で
「現実をあるがままに捉えるセンス」という回に参加して、
「あること」と「ないこと」を分ける
というワークに取り組みました。

そのワークはシンプルに分けるだけ。
(※詳しくは連続講座で体験ください。^^)

でもそのワークでなんとも衝撃的な事実が!!

 

私がくよくよ考えていたこと、
後悔していたこと、
感じていた不安やモヤモヤ、
悲しみや寂しさ、
苛立ちや怒りの感情も、
他人と比べて落ち込むことも、
疑う気持ちも、全て、

それ!全部、「ないこと!?」ってどういうこと!?
えーーーーーっ!まじで!?

どうやら今まで、
自分の価値観の枠組みから、
解釈したり、評価したり、
現実じゃないことを自分で作り出して、
現実に起きたことかのように扱い、
妄想ばっかり膨らませ、
そこから、くよくよ後悔したり、
自分で自分をダメ出しして、
苦しんでいたんだと気付きました。

私は私、そのままの私でいたい
そのままの私で生きていきたい
そのままの私を好きになって欲しいって
ずっと思っていたのに、

自分が1番、人と比べて
自分が1番、自分をダメだと評価して
自分が1番、自分を信頼していなくて
自分が1番、自分に優しくなかった

くよくよ考えていること、
全部「ないこと」なんだとしたら、
私にダメなとこなんかないじゃん!(^^)

そのことに気が付いた今でも、ダメ出しは湧いてきます。
でも、もう「ないこと」で人と比べたり評価したりして、
自分をいじめたりはしません。

この講座に参加して、自分をしっかりと扱うことで、
私をとりまく世界はとっても優しく、
楽しく、豊かなものへとシフトし続けています。

妄想して、いつもくよくよ後悔ばかりの私はもう見当たりません。