ブログ一覧 ブログ記事詳細

ブログ

2022年03月09日

大雪でJRが運休、バスも動かない!遅刻するかも!?その時、「責任」のセンスを活用したら…

講座案内参加者の声CTNブログ岸英光講座・イベント情報、報告、講座に参加して自分自身の生き方、変化、成長仕事、ビジネス、経営、組織づくり福祉未分類

こんにちは。札幌の医療機関で言語聴覚士をしている斎藤幸子です。

1月中旬のある日、札幌は朝から大雪でした。

普段より早めに家を出てJRの駅に近づいたら、

急遽10時台まで運行見合わせとのアナウンスが聞こえて来ました。  

あ、これはダメだ。

地下鉄とバスを乗り継いで出勤することを選択し、
歩いて約10分の地下鉄駅へ向かいました。
地下鉄は通常運行していました。地下鉄を降り、1番早く出発するバスを選択して

乗りました。
予定では約30分で職場に着くことができ、始業時間に十分間に合います。

座席に座ることができ、ホッとしていたら…。

 

バスが全然動かない!

次の信号でも動かない。

その次の信号でも動かない。
ちょっと動いたと思ったら、すぐ止まる。
あれっ?
…もしかして、次のバス停にもまだ着いてない!?

発車してから30分はたってる!?

このままだと遅刻するかも。
朝1番から、リハビリテーションの予約が入っている。

遠方から通う同僚からは、出勤できないと連絡が入ってくる。

車が渋滞、バスが来ないなどで遅れるとの連絡も次々に入ってくる。
私も何時に着くかわからない。

どうしよう…。

その時、コミュニケーショントレーニングネットワーク®︎で学んだ

「責任」のセンスを思い出しました(詳しくは、連続講座で学びます)。

まず、上司とリーダーにメールで状況を共有、報告。

遅れた場合の対応を依頼して引き継ぎました。

さらに車内にいた同僚に声をかけて、役割分担をして連絡を取る等、
子ども達にリハビリテーションを行うために、立場を取り、行動し続けました。

こうしているうちに、交差点周辺からほとんど動かなかったバスが
少しずつ動き始め…。
乗ってから2時間以上かけて、職場へ着くことができました。
すでに、始業時間から約1時間過ぎていました。

着いた時には、早く着いた同僚がご家族や病棟と連絡を取って、
スケジュール調整をしてくれていました。おかげで、遅刻を謝罪した後は

ご家族も私自身もクリアな状態で、子ども達とリハビリテーションを行うことが

できました。
終了後、フォローしてくれた同僚に心からの感謝と承認を伝えました。

その後も、記録的な大雪による影響が何回もありましたが、この日の経験をもとにして

それぞれが立場を取り、会話を重ねて、仕事をすすめています。
これからも皆で支え合いながら、子ども達の笑顔のために取り組み続けます。

 

========================================= 

 

2022年 春のオンライン体験講座

『パラダイム』~人と組織の行動と結果を決める価値観の枠組みを掴む

 

「パラダイムが生じる場(コミュニケーション)」、そのパラダイムの影響力そして

「パラダイムを超える観点」、仕事や家庭で軽やかに結果を創り出すセンスを獲得し、

人が前進するのに必要なコミュニケーションセンスを掴んでいただくための入り口となる体験講座です。

 

【月曜ナイト】4月11日 19:30〜22:30

【火曜ナイト】4月12日 19:30〜22:30

【水曜ナイト】4月13日 19:00〜22:00

【木曜ナイト】4月14日 19:30〜22:30

【土曜 デイ】4月16日 14:00〜17:00

【土曜ナイト】4月16日 19:30〜22:30

 

詳細はこちら

2022年 春のオンライン体験講座