こんにちは。コミュニケーショントレーニングネットワーク®️講師の牧百合子です。

 

 

 

 

 

普段は、講師の他に、ハンドメイドで小物を作って販売したり、色んなイベントを企画運営したり、地域のサークルを主宰しています。

実は、これらは全て、パラダイムシフトコミュニケーション®を学んでから始めたことなんです。それまでは、約14年専業主婦をしていました。

今日は皆さんに、私がパラダイムシフトコミュニケーションのセンスを学んで一番良かったことをお話ししたいと思います。

それは何かというと、〝自分を阻む〟最大の〝敵〟から解放されたことです。

それまでは、目に見えない色々なものに、知らないうちに縛られながら生きていました。まずそんなこと考えもしないし、疑問を持つことすらありませんでした。

具体的なことをあげると、

・主婦は、母は、いつも家にいるべき

・母はいつでも正しくあるべき

・子どもの世話を母親だけがするのは当然

・子どものことの多くは母親の責任

・夫が稼いできてくれたお金を自分のことに使うのはいけないこと

・家族といることが何より幸せ

あげるとキリがありません。

この感覚、主婦や母親なら皆さん何かしらお持ちではないでしょうか?

ここに挙げたことがダメということではなく、自分次第で選択したはずのことがいつの間にか〝縛るもの〟になってしまっていたのです。

・用事で出掛けていても、必ず子どもが帰ってくるよりも早く家に帰る

・夜に友人と食事などには、同窓会や何かがない限り、滅多に行かない

・子どもの世話を夫にしてもらうのは申し訳ない

・躾や勉強が出来ていないのは、母親である私がきちんとしていないからだ

・しんどくても家にいて何もしないのはナマケモノ

・自分のしたいことを優先してはいけない

・休日がしんどいと思ってはいけない

自分の中にルールがあって、そこから少しでも外れると自己嫌悪に襲われます。家族団らんをしたいのは自分だし、家族を笑顔で出迎えたいと思っていたのも自分です。

でも、いつしかそれが〝しなければいけない〟と、自分を縛るものとなり、自分で選択したはずのことで、生活を楽しむどころか、毎日が辛いものになっていました。

家族にとっても支配的で厳しく怖い母親でしたから、さぞかし窮屈だったことでしょう(笑)

それが、3年半前に初めて体験講座を受講し、パラダイムシフトコミュニケーション®のセンスと触れ、目から鱗が飛び散りました。

頭を殴られたかのようなショックと共に半ば興奮気味に家に帰ったことを思い出します。

それから、コミュニケーショントレーニングネットワーク®️の連続講座に参加して、パラダイムシフトコミュニケーション®のセンスを学び、自分を阻む最大の敵の尻尾を掴むことが出来ました。

連続講座では、学んだコミュニケーションセンスを実際の生活の中でどんどん使って試してみて、観察して探究して。本当に自分が使える一生モノのコミュニケーションセンスを手に入れることが出来ました!

今はいくつもの見えない敵から解放され、家族のコミュニケーションが機能し、家族関係も良好!各々が自分次第で好きなことを好きなように楽しめて、私が考える最良の関係性を築けていると感じています。

今では、私一人で旅にだって行けちゃいます(^-^)v

 

2019年9月29日に大阪で行われる体験講座では、私、牧が講師として皆さんと自分を阻む最大の敵=パラダイムを見つけていきます。

お逢い出来ますことを楽しみにしています。

大阪33期体験講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニケーショントレーニングネットワーク®
http://www.communication.ne.jp

 

*全国の講座開催地
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 北海道
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 盛岡
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 仙台
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 東京
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 大阪
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 中四国
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 九州
コミュニケーショントレーニングネットワーク®沖縄