講座参加者の声 内野 善文様

講座参加者の声

内野善文様
内野 善文様
美容室経営
運命を変える美容室を創る!

経営している美容室でスタッフがすぐに辞めてしまうことに悩んでいましたが、講座に参加しパラダイムに気づいたことで、現在は私の「運命を変える美容室を創る」という意図に沿ったお店を創ることができ、スタッフが辞めなくなりました。

当事者意識を持てばウチは良くなるはずなのに・・・

講座参加前は退社するスタッフが続いていました。その理由は「店長のやる気がないせいで、自分のモチベーションが上がらない。ここにいても成長できない」など他人のせいにするものがほとんどでした。

そこで私は、人のせいにせずに、スタッフ全員が当事者意識を持てばお店は必ず良くなると考えました。当事者意識を持つようにとスタッフに伝えたのですが、スタッフは他人のせいにし続けていました。私は「俺の言う通りにやらないから上手くいかないんだ。なぜ俺の言う通りにやらないんだ。」と思っていました。

美容師の経営者仲間からのお誘いがきっかけ

美容の勉強会の経営者仲間に、コミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座に参加された方がいました。その方と車に乗っているときに「やらなきゃいけないことを言ってもやらない。他人のせいにばかりする」などとスタッフに対する愚痴や文句を言ったことがありました。するとその方は何も言わず「体験講座があるよ」と誘ってくれました。

その紹介者の方の美容室では、スタッフが辞めなくなり、経営で結果を出されていたので、私も興味を持って体験講座に参加しました。体験講座で岸コーチのパラダイムシフトの話を聴いて「これだな!」と思い、連続講座にも参加申し込みをしました。

操作的・支配的なパラダイムがシフトすることで、美容室に変化が

連続講座で探究したお店の意図をスタッフに伝えました。またスタッフが話すことを「ただ受け取る」をしました。すると「人を思い通りにするという操作的・支配的な自分」であったのが、「スタッフを幸せにする=スタッフのやりたいことを応援する自分」にパラダイムシフトしました。

パラダイムシフトし、意図が明確になるとお店の意図に沿わないスタッフがお店を辞めていきました。とはいえ人手不足なので「人が欲しい」と思い言葉にしていたのですが、全く応募がありませんでした。実はこの頃「今このお店の状態で新しい人が入ってきてもそのスタッフを幸せにする自信がない。むしろ不幸にするのではないか。美容師が嫌いになるのではないか」と思っている自分でした。

現実には講座に通ってからお店は変わっていたのですが、「新しい人が入ってもいい」という「許可」をしていないことに気づいたのです。許可をしたことで新たに入社する人が現れるようになりました。

*「許可」のセンスは講座で扱います。

運命を変える美容室を創る

お客様の髪の毛をカットしている最中に、お客様から悩み相談を受けることがあります。そういうときは、「こうしたほうがいいですよ」ではなく、コミュニケーションセンスを使って「ただクリアに受け取る」ことを心がけています。

先日も、幼稚園生の頃から通われている大学4年生のお客様が、就職活動がうまくいかない。次が最後の一社で第一志望だと言っていました。そこで私自身はただ受け取りました。彼が一通り話したのを聴いた後、「その会社へ一番行きたい理由って何?」と投げかけたのをきっかけに、彼はたくさんの思いを話してくれました。

その時の彼がとてもキラキラしていたので「それ、これまでの面接で話したの?」と尋ねたら、「話せなかった」と。そこで「すごく思いが伝わったからそのまま言ってみてもいいんじゃない」と話しました。面接の直前には彼から「今から面接です。緊張しています」とLINEが来ました。後日「希望の就職先に決まりました!」と連絡をくれたんです。

現在は「運命を変える美容室」をつくる意図でパラダイムシフトのセンスの研修を実施しています。研修でお店について語るときあるスタッフは「就職前に見学をした日に、くるくるドライヤーが髪に絡まって取れなくなったとドライヤーを頭につけたまま来店されたお客様がいた。スタイリストがその髪の毛を丁寧にはずしている姿を見て就職を決めた」と話しました。

このスタッフは入社3年目ですがこのエピソードを聴いたのは初めてです。私がパラダイムシフトしたことで、彼女は自分の意図をみんなの前で話すことに許可が出たのかなと思いました。その後は「私はお客様の喜ぶ顔が見たい!という意図があるから、お待たせしているお客様にマッサージをしたい」など新しいアイデアを出してくれています。

他のスタッフは「陰キャで美容室に行きづらい友だちにも、自分のお店だったら寄り添えるから勧められる」と話すようになりました。

研修にオブザーブ参加した方は「ここで働きたい人が殺到するのでは!こんなに自分の職場のことを好きだと話している人たちはなかなかいない」と言ってくださいました。

講座参加前に自分が思っていたとおりにスタッフが変わったり行動したのではないのですが、スタッフがお店やスタッフ自身の意図に沿って、当事者意識も持ってイキイキと働いています。私自身も楽になりました。

私はこのコミュニケーションセンスを自分の店のみならず、美容業界全体に広げていきたいと思っています。そして、お客様やスタッフが、自分のしたいことにパワフルに結果を出すことができる美容室、「運命を変える美容室を創る」ことが現在の私のコミットメントです。

言葉で説明できないので、まずは体験講座をお勧めします

このコミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座は、皆に体験してもらいたい講座です。自分のパラダイムに気づいて、私自身は本当に良かったと思っています。在り方が大きく変化(パラダイムがシフト)することも体験できると思います。このコミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座は、言葉では説明できるものではないので、まずは体験講座に気軽に参加してもらえれば実感していただけるかなと思います。

一覧ページに戻る