講座参加者の声 安部 千歳 様

講座参加者の声

女性アイコン
安部 千歳 様
医療法人役員
子どもや大人が、「生きることが楽しい!」と実感できる社会を創っていきます

生きることに「楽しい!」と思える子どもを増やしたい。大人も子どもも、生きやすく、幸せになる社会を創りたい。

息子のPTAのイベントのご縁で講座を知りました

現在、主人が経営する医療法人の役員として経営のサポートをしております。そんな私が、コミュニケーショントレーニングネットワーク®の講座を知ったきっかけは息子の中学校のPTAイベントです。

そのイベントで岸コーチのお話を聴き、エネルギッシュな人柄なのに、それでいて押し付けがない、納得できる話の内容に引き込まれました。私自身、仕事や家庭では「コミュニケーションがとても大事」だと常々思っていたので、その後の連続講座にも参加してみることにしました。

不登校の息子に聴かせたいと思った

私は高知県に在住しており、連続講座は大阪で参加しました。

その当時、私の息子は友だち関係で悩んでおり、いわゆる不登校の状態でした。講座に参加しているうちに、「この話を息子にも聴かせたい。そして病院のスタッフの皆さんや、今、聴けていない多くの人にも聴いてもらいたい」という想いが湧きました。

母としての気持ちを息子に素直に伝えることで息子に変化が

コミュニケーションセンスを活用することで、まだ見ぬことに対しての不安が減りました。息子や仕事の将来について自分で悪い方に考えることがあったのですが、すべて妄想だということに気づき、頭の中を整理できるようになりました。

また、息子にも変化がありました。

コミュニケーションセンスを探究する中で、私は息子に対して「お母さんにも不安な気持ちはあるけれども、あなたのことはとても大事に想っているよ」とただ素直に伝えることができるようになりました。そうすると、息子も楽な気持ちになったと言ってくれました。親子というよりも、何か同じものを協力して目指す「同志」になった瞬間でした。

3年間不登校だった友人の娘さんも学校に通い始める

岸コーチにお会いしてから、昨年高知にお越しいただき、体験講座という形でお話をしていただきました。私から多くの方々に声をかけさせていただき、60名以上の方が体験講座に参加されました。

その中で、3年間不登校だった友達の娘さんが岸コーチの話を聴きに来てくれました。岸コーチが「頑張るのは無駄だよ。楽しまなきゃ」と話されるのを聴いて、その娘さんは「私はもう頑張るとは言わない」と言って、再び学校に通い始めたのです。

「生きることが楽しい!」と思える人をどんどん増やしたい

この講座は、まずは自分の周りの人、特に子どもたちに参加してもらいたいです。子どもたちはスポンジのように吸収しています。幸せを体感して、生きることに「楽しい!」と感じてもらえる子どもたちが増えればいいなと思います。

コミュニケーションセンスを磨いていけば、必ず自分の道を見つけられると思います。瞬間瞬間で幸せになれると思います。まずは、体験講座に足を運んでみてください。コミュニケーションが楽しくなり、生きやすくなります。

一覧ページに戻る