歯科医院を経営しています松浦明と申します。
知り合いの紹介でCTNの勉強をするようになって、7年位になります。
何の興味もなかったのですが、勧められることはやろうと思ってやりだして、現在に至っています。

ちょうど8年前の今頃、桜の季節に家族が家を出ていきました。
突然に。何の前触れもなく。
なにがなんだかわかりませんでした。
それから、家族とは、別居しました。

この時期、同じ人の紹介でカウンセリングの勉強もする機会があって、人の話をきちんと聴くことを教わりました。
当たり前のことかもしれませんが、できていませんでした。
それで、家族の話を聴けるようになりました。

さらに、CTNのトレーニングを始めて、家族との関係が少しずつ良くなってきました。
現在は、最高に素晴らしいファミリーになっています。

 

なにがどうなったのか?

一番は、妻や、子供を尊重して、きちんと話を聴いて受け入れることができたことです。

それまでの自分はとにかくワンマンで、人の話には耳を貸さず自分で何でも決めて、強引に生きてきました。
それでも何とかなっていたのは、周りが本当に我慢していたからだと思います。

妻や子供たちも一人ひとり意志を持った人間です。
そんなこと当たり前なのですが、きちんと話を聴いていませんでした。
それから、一人ひとりときちんと向き合って話せるようになりました。

もちろん、いやなことも聴きますから、最初は抵抗だらけです。
長女の恋愛話には、父親としての抵抗。また、長男の人生観には、経営者としての抵抗が湧きました。

ただ、ずっと続けているうちに、みんなが笑顔になり、沢山のこと、
本当のことを話してくれるようになりました。

こんなに、ハチャメチャで、面白い家族関係はないなってくらい、自慢の家族です。
別居はしていますが、別居でもいいのです。
週に2回くらいは、一緒に住んだりします。
妻と二人で旅行にも行きます。

何でもアリです。

パラダイムシフト[※] を学び深めました。
自分の枠から、飛び出せみたいなものです。

僕だけじゃなく、家族みんなが、今までは、こうじゃなきゃいけない、こうするべきだと思って行動するではなく、
「家族の未来を楽しくするには、何をしようか」にシフトしています。家族中がこれまでの自分の枠からぶっ飛んでいます。

 

今年の春、長男が歯科医師国家試験に合格しました。
4月から、研修医として社会人になりました。
長男の話で一冊の本が書けるくらい、色々ありました。
彼は海外に行きたいと夢見ています。

 

昔の僕だったら?

そんな長男に対し、きっと早く家に帰ってきて手伝えとか、親が決める道を進めとか言っていたことでしょう。
でも今は、彼がどんな人生を歩むのか、もしかしたらどこかで一緒にやるのか、僕のほうがワクワクしています。

歯科界の方向性については何回も語り合っています。
そういう話ができるようになったことも幸せでたまりません。
同じ方向に向かっている家族がいることは、とても心強いです。

もし、このセンスがなかったら?
ぞっとします。

 

※パラダイム・・・価値観の枠組み。
詳しくは、「パラダイムシフトコミュニケーションの連続講座®」で扱います。

 

松浦 明

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*コミュニケーショントレーニングネットワーク®
http://www.communication.ne.jp

 

*全国の講座開催地
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 北海道
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 盛岡
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 仙台
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 東京
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 大阪
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 中四国
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 九州
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 沖縄

*CTNの講座案内、詳しくはこちら
http://communication.ne.jp/wp/course/

*日経ビジネス『課長塾』各地で開催中!!

https://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/
Copyright ⓒ2013-2019 communication training network All right reserved
※無断での転載を禁じます。